介護施設入居者の生活を潤わせるイベントと給食

介護施設入居者の生活を潤わせるイベントと給食

介護施設に入居している利用者にとって、毎日の給食は日々生活を送る中で楽しみのひとつといえるでしょう。
しかし、いくら美味しくても毎日同じような食事を食べることは刺激がなく、物足りなさを感じてしまうかもしれません。
そこで、味や見た目に工夫するのはもちろん給食の中で四季の移り変わりやイベントを味わえる食事が提供されています。
例えば、お正月にはおせち料理や雑煮、節分には恵方巻、ひな祭りにはちらし寿司、他にも七夕やクリスマスに合わせた食事が提供されているため、単調になりがちな介護施設での生活に彩りをあたえてくれます。
また和食や洋食、中華などが選べたり、複数あるメニューから好きなものを選んで食べることができるブッフェ形式を取り入れている施設、イベント時にプロの調理人を呼んで入居者の目の前で料理を披露してくれるなどのサービスを行っている施設もあります。
普段なかなか箸が進まない人でも食欲を増進させる効果が期待できるほか、マンネリ化を防ぐための工夫が行われています。

介護施設を選ぶ際には給食の内容を重視しましょう

健康に自信があって体力があってアクティブに動き回っている人でも、みんな平等に年を重ねて老化現象に悩まされる時がやってきます。
なかには、自分で生活することに限界を感じて介護施設に入居することを決意することがあります。
では、介護施設を選ぶ際にはどんなことに気をつけて選べば良いのでしょうか?選び方はいろいろありますが、その一つに出される給食の内容を重視するという方法があります。
介護施設では朝食・昼食・夕食に加えておやつが提供されますが、あまりにも貧相だったり逆に若者向けの脂っこいメニューですと食べる気がしません。
そうなると当然介護施設での生活が苦痛になったり、それが原因で生きる気力がなくなってしまうというケースも決して珍しくありません。
ですから、気になる施設が見つかったならまずは一度昼食時に見学に行くことをおすすめいたします。
もし、昼食時に見学できないというのであれば、メニュー表などをもらってきましょう。

著者:谷口光広

筆者プロフィール

福岡県久留米市生まれ。
栄養士として働いています。
介護施設の給食に関する疑問をこのサイトで解決していきましょう。