介護施設では給食以外におやつは提供される?

介護施設では給食以外におやつは提供される?

介護施設では朝昼晩の3回の給食以外に、昼食と夕食の間におやつが提供されるのが一般的です。
介護施設に入居している高齢者たちは、介護度や加齢が進むに従って、だんだんと噛む力や飲み込む力が弱くなったりすることで食が細くなり、十分な栄養を得るだけの食事量を摂取できないこともあります。
そこで、誰もが大好きで食べやすいお菓子やデザートなどを提供することによって、不足している栄養素やエネルギーを補っているのです。
また、お菓子などを食べる機会は生活に楽しみや潤いを与えて、高齢者の心の健康を保つための大切な役割も果たしています。
特に多くの介護施設が行っているおやつのレクリエーションでは、プリンやクレープなどの調理が簡単なメニューを入居者自身が一緒になって作るところから参加して、コミュニケーションをとることで脳の活性化にも効果的です。
季節や行事を意識したメニューも高齢者に好評で、生活の質を高めたり、張り合いが生まれると人気を集めています。

介護施設の管理栄養士が作る給食のポイント

介護施設の管理栄養士が駐在しているところでは給食に特徴があります。
介護施設では、一般的には外注して対応しています。
弁当が主で、管理栄養士の考えが入っており、栄養バランスがとれていることには変わりません。
しかし、駐在している場合はオリジナリティーの追求がされていることが特徴的です。
例えば、ご当地メニューで全国各地の郷土料理を取り入れています。
中には、外国の料理についても研究して提供しているのです。
介護施設の要望に応じて味付けや食べやすい大きさや固さも調整されています。
栄養のことやアレルギーについても徹底的に配慮されているので安心して任せることが出来ます。
入居者からのリクエストでどんなものが食べたいかアンケートをとってメニューを構成することもあるのです。
こうした特徴は説明会やパンフレットに記載されていることが多いのでチェックすることが重要となっています。
入居者のための体験会での試食会イベントもあるのです。

著者:谷口光広

筆者プロフィール

福岡県久留米市生まれ。
栄養士として働いています。
介護施設の給食に関する疑問をこのサイトで解決していきましょう。